輸入住宅の良い点、悪い点

愛知県内で人気の輸入住宅にはどんな良い点、悪い点があるのでしょうか?
まず、輸入住宅の利点としては、暑さに強く、寒さに強いという点が挙げられると思います。最近流行りの二重ガラスによる窓や、断熱材をたっぷりと入れた壁などは昔から当たり前に採用しているため、基本的に気候の変化(寒暖の差)には強いです。日本よりも寒い国、日本より暑い国はいくらでもありますからね~。海外の住宅に少しでも行かれた方なら分かると思いますが、住宅がエアコンなしだと、こんなに暑かったり寒かったりして不快度が高いのは日本の住宅くらいですよね。
また、輸入住宅はデザイン性が当たり前のように高いこともポイントでしょう。これは単純に、芸術文化の歴史の長さの差が影響しているのだと思います。住宅に限らず、家電や家具などでもデザイン面では埋めようのない差がありますからね。
輸入住宅の悪い点は、材料費がかさむことやアレンジの自由度が若干下がることくらいでしょうか。

多くの方が輸入住宅に感心を持つ理由

知人が愛知に輸入住宅を建てました。多くの方がヨーロピアン住宅やアメリカン住宅に感心を持つ理由ですが、いくつかの理由があります。まず、ヨーロピアン住宅やアメリカン住宅というのは、カッコイイだとかオシャレというイメージがあります。イケアなどのインテリアが人気なのもあり、欧風のインテリアは最近でも人気となっています。こういったインテリアが最高に映えるのが、こういった欧風住宅です。
日本の住宅も、もちろんデザイン住宅のようにかっこいい住宅はありますが、まだまだ現地のようなオシャレなインテリアを再現するのは今ひとつな部分があります。輸入住宅は、センスがあり、最先端というイメージがあり、そういった住宅に憧れる方は多いというのが理由です。
また、ヨーロピアン住宅、アメリカン住宅は、ハリウッド映画、ドラマなどで出てくることもあり、憧れを持つ方が多いというのも理由です。映画のシーンのように映える外観は、日本の家屋では再現することが出来ないので、惹かれる方も多いのです。