輸入住宅に住む人のセンスとライフスタイル

20代の頃、友達と連れ立って輸入住宅の展示会場を何回か訪れたことがあります。友人の実家は古風な日本式の木造一戸建てで、私はマンション住まいだったので、2人とも輸入住宅に憧れていたのです。どう見ても購入しそうにない客だったと思うのですが、将来顧客になる可能性があると思われたのが、展示会場の方たちはみな親切でした。
将来は輸入住宅に住みたいと思っていましたが、現在は、和室もあるごく普通の一戸建てに住んでいます。輸入住宅は素敵だけれども、実際に住むとなるとインテリアにも気を遣うし、費用の面ではかなり大変そうな気がします。
一方で、輸入住宅に住んでいる人からお招きがあると、とても楽しみにして出かけます。室内がセンス良く整っているし、ティーカップやお皿などの食器も、インテリアに合うように選び抜かれています。輸入住宅を選ぶ人は美意識が高く、ライフスタイルも素敵です。
輸入住宅は住む人を選ぶように思えて、私のような雑な人間にはムリですが、その分憧れも強くなる気がします。

輸入住宅を選ぶ場合に注意した方がいいこと

日本の住宅とは違ったデザイン性や優れた機能性など輸入住宅には様々な魅力があるので、住宅を購入する際に輸入住宅を検討している方も多いと思います。

ただ輸入住宅には優れて点が多くある一方で注意した方が良いこともいくつか存在しており、輸入住宅を購入する場合にはその辺りをしっかりと把握するべきです。

例えば長く暮らし続けるためには定期的なメンテナンスが必要となりますが、日本の住宅と比べれば輸入住宅は珍しい方なので身近な大工さんや工務店では対応できない可能性があります。

その辺りに注意しておかないといざメンテナンスが必要になった時に困る可能性があるので、事前に輸入住宅に対応できるところを見つけておくと良いです。

また輸入住宅は断熱性や気密性など機能性に優れている点が魅力的ですが、注意しておかないとその魅力がデメリットに変わる可能性があります。

優れた気密性が高温多湿な日本の気候とは合わずカビの原因になってしまう可能性があるので、家を建てる場所の環境に合わせて湿気対策などを行うと良いです。

こういった点に注意しておけば後で後悔せずに済むので、輸入住宅の購入を考えているのであれば上記の点に気を付けるようにしてください。

ヨーロッパ風の輸入住宅を建てるメリット

ヨーロッパなどへ海外旅行に行った時に日本には無いようなデザインの現地の住居に憧れを持つことはありがちです。日本家屋は住みやすいのが良いところですが、デザイン性に不満を持つ人もいます。日本でヨーロッパ風の住居を建てたい人は輸入住宅を検討するといいです。輸入住宅はデザイン性が良くても日本家屋と比べて不便のような気がする人がいます。確かに輸入住宅は欧米の人が住みやすいようなデザインなのですが、日本人でも十分快適さを実感できるので日本で輸入住宅を建てても問題ないです。住みにくさを心配している人は実際に輸入住宅に住んでいる人に住心地を尋ねると安心できます。ただ、自分の家の近くに日本家屋しかないのならば、目立ってしまうリスクはあります。個性的な住居だと近所に思われても全然構わないと感じるのならば輸入住宅を積極的に選ぶべきです。輸入住宅に憧れているのならば躊躇しないでヨーロッパ風の輸入住宅を建てると満足できます。

結局、注文住宅で一戸建てを建てました。

岡崎市に注文住宅の一戸建て住宅を建てることを決める前には、もちろんマンションも検討しました。郊外都市と呼ばれるようなベッドタウンがわが地域なわけですけれど、だからこそ物件はたくさんあるのですよね。

また、一戸建て住宅にしても、建売物件だってあるわけです。そして中古住宅だって売りに出されているわけです。ですからマイホームの選択肢はとても幅広かったんです。

しかし結局、注文住宅で一戸建て住宅を建てることに決めたのです。選択としては、ある意味「最上級ランク」ぐらいの選択だったと言えるかも知れません。注文住宅で一戸建てって、憧れのマイホームの最上級の形といわれているじゃないですか。確かに金額的にも頷けるところはありますよね。

けれど、マンション購入、そしてその後に義務付けられている修繕費の積立や管理費、そして中古住宅の購入後のリフォーム費用など、それぞれの物件に付随する費用を考えていきますと、注文住宅を建てる費用とそこまでの大差はないという結論に達したのです。

もちろん、一戸建てもその後のリフォーム費用のことも考えなければなりませんよね。しかしそれでも、その他の物件との開きはそこまで驚くほどの金額ではなかったものですから、それならばーと結局注文住宅で一戸建て住宅を建てることにしたのです。

輸入住宅の良い点、悪い点

愛知県内で人気の輸入住宅にはどんな良い点、悪い点があるのでしょうか?
まず、輸入住宅の利点としては、暑さに強く、寒さに強いという点が挙げられると思います。最近流行りの二重ガラスによる窓や、断熱材をたっぷりと入れた壁などは昔から当たり前に採用しているため、基本的に気候の変化(寒暖の差)には強いです。日本よりも寒い国、日本より暑い国はいくらでもありますからね~。海外の住宅に少しでも行かれた方なら分かると思いますが、住宅がエアコンなしだと、こんなに暑かったり寒かったりして不快度が高いのは日本の住宅くらいですよね。
また、輸入住宅はデザイン性が当たり前のように高いこともポイントでしょう。これは単純に、芸術文化の歴史の長さの差が影響しているのだと思います。住宅に限らず、家電や家具などでもデザイン面では埋めようのない差がありますからね。
輸入住宅の悪い点は、材料費がかさむことやアレンジの自由度が若干下がることくらいでしょうか。

一生に一度の買い物!失敗は許されない?

主人の年齢がローンを組むにはギリギリの年齢になってきてしまったため悩んでいた岡崎市の輸入住宅の購入を決意いたしました。
みなさん少なからず共通の理由があるかと思いますが、子供の誕生、ローンの年齢的期限、賃貸で家賃を払うのが馬鹿馬鹿しくなったなど大きな理由としては上記の3点です。
立地がよければもちろん値段もあがりますので、平地で駅チカにすると金額は跳ね上がります。
妥協をして駅から遠くても平地でなくても値段が安くなれば・・等の悩みはありました。
ただ一生に一度の買い物ですので、通勤、通学はそこから何十年も通わなくてはいけません、天秤にかけてお金と生活の利便性をどちらを優先するかで悩みました。
また元々その土地は何があったのか(川、田んぼ)などもきちんと考慮しないと後々庭いじりをしてもなかなか植物が育たないなどの悩みも出てきますので調査が必要です。
昼と夜の違いをきちんと把握することも重要だと思いました。(夜は野良猫が増える等)

もちろん家を購入するにあたって後々ラッキーに感じるところもあります。
引っ越してきたときは何もない所で山の上という印象でしたが、土地が有り余っていたので周りにどんどん商業施設が建ったりマンションが建ったりして今ではとても賑やかなど、購入当初は何もなかったため購入金額がそこまで跳ね上がらず購入でき今ではそこそこの値段になっていると聞くと後に何か建つ計画があるのかなどのリサーチも必要だと感じました。
私の住む地域はそういう商業施設だけではなく自然豊かな土地で結婚式場が近くにあったりせせらぎが流れていたりして四季を思う存分楽しめます。バランスのとれた地域を探すのはなかなか難しいですが折角ですから是非納得のいく場所での住まいのスタートを・・

ただこんなに都合のいいことばかりでは当然ないのが戸建の悩ましい部分ですね。
我が家では隣に越してきた方が家を売却し賃貸で貸出をはじめました。
それから入れ替わり立ち代り色んな方が引っ越してきたのですが、中には柄の悪い方たちの事務所になっていて怒鳴り声がきこえてきたり、お掃除があまり得意ではないご年配の方が越してきてゴミ屋敷になってしまったりなど結構悩みはありました。こればっかりは選べませんので運かもしれませんが。

家づくりの際に皆様のご家庭では意見交換はされてますでしょうか?
我が家はまだ夫婦2人ですので意見交換でさほどすれ違いはありませんでしたが、一つ言えることはやはり自宅に居ることが多い方の意見を多く取り入れた方がその後の生活がスムーズに行くと思います。
建ててからここに窓があったらなぁ・・動線がわるいなぁ・・・などとならないようにイメージをきちんと頭の中や設計図で計算し納得のいくまで考慮するが鉄則だと思いました。

またこれからお子様が生まれる既にいらっしゃる方は一日の流れを考えて部屋作りや階段の作り空間のデザインをオススメいたします。
私は妊娠しているのでこれから先、赤ちゃんを抱っこして階段を降りられる傾斜かどうか手すりは必要か、子供部のクロスはお絵かきできるものにするかなど思い描いているライフスタイルを紙にきちんと書き出し提案していきました。

賃貸と違って一生住む覚悟で家を建てる方が大半だと思いますので、夫婦が高齢になった時のこともきちんと考えておかないと2階は結局納戸になってしまうなど予想されましたので将来壁を全て取り払って1つのリビングへリノベーションできるように設計しておいたり、なかなか先20年くらいの見込みしか想像できないのが現実ですがそういった計画性のある設計を組み込んでおけば将来役にたつのではないでしょうか。

我が家を建てたことによって色々な変化がありました。夫婦での絆はもちろんのこと主人は尚更仕事への意欲が増え毎日楽しそうに仕事へ出かけます。
私も出産前に新築を立てたので赤ちゃんを迎える前に大掃除をしなければいけない等の作業から解放されました。
新しいことが始まる機会に戸建てを建てる。この議題は決して楽観的に考えられる一面だけではないと思いますが一生に一度の大切な買い物を自分やパートナーが思い描いた素敵な未来の生活のために精一杯考え抜いて建てた戸建てには我が子をお腹で育てているような愛着や愛情がたくさんありました。

注文住宅って、どこまでなのかわからないです

注文住宅で、トイレ内の埋め込み収納はどんな感じにしますか?扉ある方がいいですか?と聞かれました。見せたくない物を置くので、扉有りの収納をお願いしました。建てて初めてトイレに入った時、座って右手少し前に収納が出来ていたのですが、右側に蝶番があるの、開くと私の方に扉が当たり、物の出し入れにも扉があって少し不便でした。トイレに入り、座る前に出し入れする分には使い勝手は良いのです。座って初めて気づいた事でした。更に半透明な扉で、後から、透けないタイプや、木製の収納があることを知りました。

埋め込み収納を丸ごと取り外して、上下逆に埋め変えれば扉は反対開きになるな、とは思いました。しかし、壁紙も貼り替えるのか、と考えると一人でやりきるには自信がなかったのでそのまま諦めて使っています。入れるつもりでいたトイレットペーパーは、開ける頻度が高くなるので、いつのまにかトイレタンクの奥にある張り出しに並べて置くようになりました。本当に見せたくない物だけ入れる場所として使えればいいかなと現在に至っています。

諦めて、それなりに使うか、余裕があるなら、業者に頼んで付け直せればいいですよね。扉だけ外して、カーテンとかにするのもいいかなと思います。タペストリータイプにすればスッキリして、季節ごとに替えれば楽しめそうですよね。あれ?これいいかも、どんな柄にしようか楽しみになってきました。

多くの方が輸入住宅に感心を持つ理由

知人が愛知に輸入住宅を建てました。多くの方がヨーロピアン住宅やアメリカン住宅に感心を持つ理由ですが、いくつかの理由があります。まず、ヨーロピアン住宅やアメリカン住宅というのは、カッコイイだとかオシャレというイメージがあります。イケアなどのインテリアが人気なのもあり、欧風のインテリアは最近でも人気となっています。こういったインテリアが最高に映えるのが、こういった欧風住宅です。
日本の住宅も、もちろんデザイン住宅のようにかっこいい住宅はありますが、まだまだ現地のようなオシャレなインテリアを再現するのは今ひとつな部分があります。輸入住宅は、センスがあり、最先端というイメージがあり、そういった住宅に憧れる方は多いというのが理由です。
また、ヨーロピアン住宅、アメリカン住宅は、ハリウッド映画、ドラマなどで出てくることもあり、憧れを持つ方が多いというのも理由です。映画のシーンのように映える外観は、日本の家屋では再現することが出来ないので、惹かれる方も多いのです。

輸入住宅は寒さに強いが暑さはどうなの?

輸入住宅を取り扱っている愛知県のハウスメーカーの売りは、その住宅の断熱性が高いということです。特にカナダやスウェーデンから輸入しているというところが有名なので、その寒さに対する姿勢というのは高評価されるのです。

 

ただ、寒い国で作られている家なので、夏に暑い日本はどうなのかなと思う節もあります。断熱性が高いということは、外の暑さを家の中に入れないという構造にもなっているはずですが、どうも寒さ対策に重点が置かれがちです。よって、輸入住宅を買って得をするのは寒冷地に住んでいる人たちです。沖縄などの暑い地域で輸入住宅を取り入れて、暑さ対策が十分になっているのかは疑問が残ります。

 

断熱性が高いと言われる理由の一つは、その家が外断熱で作られているからです。日本でも外断熱を採用しているところはありますが、内断熱より値段が高いことから避けられがちです。ならば暖房器具で温めればいいやという結論に達してしまいます。

輸入住宅ではアイランドキッチンが欲しい

ヨーロピアン住宅はそのおしゃれさで人気ですが、外観だけでなく内装もおしゃれだと思います。個人的にこれは良いなと思ったのがアイランドキッチンのある間取りです。対面式キッチンはよく聞きますが、アイランドキッチンとはその名の通り、島のようにキッチンが独立して壁のどこにもくっついていない状態を指します。対面式キッチンとはリビングなどと対面しているキッチンのことならどれでも指すため、アイランドキッチンは対面式キッチンでもあるのです。

 

これなら、極端な例だとキッチンを部屋の真ん中に置くことだってできます。まあ実際には油がはねたりすると思うのでそんな贅沢な使い方はしないと思いますが、これなら間取りの自由度は広がるなと思いました。選ぶなら、自由設計のハウスメーカーが良いですね。これで要望を言えば、世界に1つだけのオーダーメイドキッチンの出来上がりです。キッチンは毎日使うところなので、輸入住宅でも日本の優秀な大手メーカーに頼みたいです。