結局、注文住宅で一戸建てを建てました。

一戸建て住宅を建てることを決める前には、もちろんマンションも検討しました。郊外都市と呼ばれるようなベッドタウンがわが地域なわけですけれど、だからこそ物件はたくさんあるのですよね。

また、一戸建て住宅にしても、建売物件だってあるわけです。そして中古住宅だって売りに出されているわけです。ですからマイホームの選択肢はとても幅広かったんです。

しかし結局、注文住宅で一戸建て住宅を建てることに決めたのです。選択としては、ある意味「最上級ランク」ぐらいの選択だったと言えるかも知れません。注文住宅で一戸建てって、憧れのマイホームの最上級の形といわれているじゃないですか。確かに金額的にも頷けるところはありますよね。

けれど、マンション購入、そしてその後に義務付けられている修繕費の積立や管理費、そして中古住宅の購入後のリフォーム費用など、それぞれの物件に付随する費用を考えていきますと、注文住宅を建てる費用とそこまでの大差はないという結論に達したのです。

もちろん、一戸建てもその後のリフォーム費用のことも考えなければなりませんよね。しかしそれでも、その他の物件との開きはそこまで驚くほどの金額ではなかったものですから、それならばーと結局注文住宅で一戸建て住宅を建てることにしたのです。